MENU

付き合ってることを隠す彼女の本音は何?解決法を見つけたいなら要チェック!

多くの女性は彼氏ができると誰かに話したくなるものですが、中には付き合っていることを隠すタイプの女性もいます。

いろいろな理由があって隠すのですが、彼氏としては付き合ってることを隠されるとちょっとショックだったり、不安になりますよね…。

この記事では、付き合ってることを隠す女性の本音や特徴、関係性にどんな影響があるのかなど解説しています。

目次

付き合っていることを隠す女性の本音は?

さっそく、付き合ってることを隠す女性の本音について解説します。

もちろん人それぞれの本音がありますが、割とこんな理由が潜んでいることが多いようです。

照れくさいから

付き合っていることをあえて隠しているというわけではなく、単に照れくさいと感じる女性もいます。

周りが彼氏がいることを知ると根掘り葉掘り聞かれるのも恥ずかしいということもあるでしょう。

恥ずかしがり屋さんだったり、しばらく恋愛していなかった女性に恋愛ネタが挙がることは注目の的になってしまうので言い出しにくいというところもあるのかもしれません。

周りの反応が気になってしまう

彼女が隠す理由の一つとして周りの反応が気になってしまうという方もいます。

女性同士の恋愛話は盛り上がるのですが、誰かの彼氏をいろいろ言う人もいたり、彼氏の写真を見て反応が悪かったりするのも気になってしまうということもあります。

自分のことはいいとしても、大好きな彼氏のことをいろいろ言われたくないから彼氏を守っているということもあるかもしれません。

周りが勝手に騒ぐのを防ぎたい

友達や職場の人などに彼氏の存在を話すと、その人が周りにまで勝手に話してしまうこともあります。

「〇〇くんと付き合っているんだってね!?」なんて話してもない人から聞かれたりすると驚くこともあります。

おしゃべりな人が周りにいるのを知っているからこそ、あえて言わないようにしていることもあります。

言う必要性を感じない

わざわざ彼氏ができたことを言う必要性を感じないというタイプの女性もいます。

他人に詮索されるのが苦手だったり、人の恋愛にも口出しすることもないので2人が幸せでいられるならそれで充分満たされているのでしょう。

そのため、隠しているという感覚はないのかもしれません。

身近に知られたくない特定の人がいる

付き合っているのを隠したいのは知られたくない特定の人がいるからということも…。

例えば、彼氏のことが好きな女性・告白をしてきた男性が彼氏の友人・職場やグループ内に元カレがいるなど。

本当は友達にも言いたいけど、その特定の人の耳に入ると関係がこじれてしまうのではないかと心配していることもあるのです。

プライベートと完全に分けている

家族や本当に心許せる人だけには言える人もいますが、あまり深い関係でない方や職場の人に対してプライベートなことを言わないということもあります。

仕事とプライベートはきっちり分けて、私情を挟まないように心がけているということもあります。

隠すというよりも、状況に応じて切り替えて行動をしているだけなのです。

まだ関係性に不安を感じている

付き合っていることを隠すというよりも、まだあなたとの関係性に不安を感じているからこそ公表できない場合もあります。

彼から愛情を感じなかったり、実は他に本命彼女がいるのでは?などの理由が挙げられます。

誰かに話した後に実は本命じゃなかった、すぐに別れたなどとなれば悲しい思いの上に恥ずかしい気持ちになるのを避けているのかもしれません。

彼氏に気を遣っている

付き合っていることを言わないのは彼氏を気遣っていることもあります。

例えば職場恋愛で彼の立場上公表するべきではない場合や彼自身もあまり多くの人に話さない印象があれば隠しておいた方が良いと判断しています。

本当は誰かに言いたい気持ちを抑えて、彼の気持ちを考えてくれるなんて優しいなと思いますね。

そもそも彼氏と思っていない

男遊びが激しめな女性やあざとい女性もいますよね?

その分男性の扱いも上手いので、男性は付き合っていると思い込んでしまうこともありますが、実は彼女からしたらお遊びってこともあります。

こんな本音を知ったらかなりショックを受けてしまうかもしれませんが、なんとなく本気さを感じられなかったり、よく誰かと出掛けると言って一緒にいる時間が少ない場合はあなたは本命の相手ではないのかもしれません。

実は別れようと思っている

付き合ってみたものの、すでに別れを考えている場合もあります。

関係性がしっくりこなかったり、何か不満を抱えている、他に気になる人ができたなどの理由から彼氏として言うのを控えているのでしょう。

彼女の態度がそっけなかったり、デートすることをはぐらかしたりする場合は気持ちが下がっているのかもしれません。

付き合うことを隠すにもいろいろな理由や本音が挙げられます。

恥ずかしかったり、人に騒がれたくない理由なら納得できそうですが、状況によってはちょっと不安になりますよね…。

付き合っていることを隠す女性の特徴とは?

様々な理由や本音があるようですが、付き合っていることを隠したがる女性にもある特徴があるようです。

もし彼女にこれらに近いタイプであれば、付き合っていることを隠しておきたいのかもしれません。

自分の話をすることが苦手

元々自分の話をするのが苦手でいつも聞き手に回るタイプは、恋愛話や悩みなど深い話をしないことがあります。

心許せる人だけにしか話さないのも何かしら過去に嫌な経験をしたのかもしれませんし、周りの人がどう感じるのか気になって不安になることもあるのでしょう。

彼女と付き合う前や付き合った今でもあまり自分のことを話さないなぁと感じた経験があれば、先ほど挙げた本音とリンクするかもしれませんね。

噂話や詮索が嫌い

人の噂話やゴシップネタに飛びつく人っていますよね?

根掘り葉掘り聞かれることが嫌いで、口が軽ければさらに勝手に話が広がることにストレスを感じるタイプであれば、人に言わない選択をするのです。

また、SNSなども苦手とするタイプも当てはまりますね。

慎重な人

いつも何かと慎重で計画をしっかり立ててから行動するタイプも付き合っていることはじめのうちは隠すことがあります。

失敗を恐れる傾向が強いので、何に対しても「○○かもしれない」「○○になったらどうしよう」など常に不安を感じている発言が多いと、恋愛に対しても慎重です。

恐らく付き合うまでもかなり時間をかけたという方もいるかもしれませんね。

だからこそあなたとの関係性が落ち着くまでは、まだ不安要素があるのかもしれません。

恋愛だけに没頭しない人

恋愛だけに没頭せず、趣味や仕事にも熱心に打ち込むタイプもいますよね。

会話内容に引き出しが多い人は、恋愛話だけにはなりません。

だからこそ人との会話の中で恋愛話よりも違う話をする流れになることもあるのです。

自分の人生をいかに楽しく過ごすためには、恋愛ばかりに縛られたくないのかもしれません。

付き合っていることを隠しているというよりも、経験や知識などを他人と話し合う濃密な会話をすることのがより充実するのです。

恋愛のことに関しては彼とのことだから、本人としっかり話せばいいと思っていることもあるのでしょう。

プライドが高い

ちょっと気が強かったり、プライドが高めな女性も付き合っていることを隠す傾向があります。

自分の弱い部分を相手に見せることができなかったり、評価されることを嫌うので、恋愛で悩んでいることを話せなかったり、彼氏のことをあれこれ言われるとイラっとすることもあります。

だからこそ周りには本当のことは言わず「恋愛はいつもうまくいっている」「理想はハイスペックな彼氏」など言っている場合もあるかもしれないですね。

秘密主義者

他人に自分のことを話すことにメリットを感じない秘密主義者も完全に付き合っていることは隠し通すこともあります。

人に話すことによって誰かの耳に自然と入ることや陰でいろいろ言う人が周りにいるのを知っているからこそ、自分の話は適当に言うくらいにセーブしています。

恋愛についてはかなりプライベートな部分になるので、より一層人に話したくなくなるのです。

何を考えているか掴みにくい、何となく自分の話が回ってきてもうまくはぐらかす様子がある女性は何かと秘密にしておきたいのでしょう。

気が多い

「あの人イケメン!」「前はこの人推しだったけど今はこの人!」と移り気なタイプもあまり恋愛のことを言わないことがあります。

気が多かったり、理想が高かったりするとコロコロ気が変わるので、遊び人のレッテルをつけられないようにしていることもあります。

今付き合っている人よりも理想の人が現れれば、気持ちが浮つくこともあるので隠しているのかもしれません。

筆者もどちらかというと恋愛についてのことは多くの人に言わないので、なんとなく気持ちが分かる部分もあります。

過去に人にちょっと話したら、あまり話したことがない人にまで知られていたので、正直驚きました。

筆者は隠す気持ちは特に強くありませんが、どこで誰が何を言うのかわからないので、信頼できる人にしか言わなくなりました。

付き合っていることを隠すことで関係にどんな影響がある?

付き合っていることを隠すことで、関係性にいいことや悪いこともあることもあるようです。

メリット

付き合っていることを隠すことによっていい影響にあたることは次のようなことになるのではないでしょうか?

周りの意見に左右されにくくなる
自分が好きになって付き合ってのに、なぜか周りから「他にいい人いるんじゃないの?」なんてようなことを言われたりすると気持ちに迷いが生じたり、彼のことを知らない人にアレコレ言われることにイラっとするでしょう。
周りに言わないことによって、意見に左右されにくくなることや他人の憶測による発言へのストレスから遮断することができます。

公私混同になりにくい
職場恋愛の場合は、ケンカした翌日に険悪なムードを漂わせたり、周りが気を遣ってしまうということもありますよね。
またお互いの立場問題や、周りの視線が気になってしまうなどもあるでしょう。
付き合っていることを隠すことで、仕事とプライベートをしっかり分けられますし、職場で2人きりになった時もちょっとスリルがあってドキドキ感が味わえることもありますね!

本音で話しやすくなる
恋愛をしていく中で、お互いに不満があったり、悩んでしまうと友人に相談したりすることはよくありますよね?
ただ、友人の意見ばかり耳を傾けて「別れたほうがいいのかな」なんて影響されることもあるでしょう。
付き合っていることを隠すことで、思ったことを口外できないので直接相手にぶつけることができます。
2人のことは2人で向き合って意見交換をすることで、問題解決しやすくなりケンカも少なくなることもあるでしょう。

モテるかも?
じつは彼氏がいたとしても隠していることで「彼氏がいない」と周知されていれば、友人から紹介を受けたり、言い寄られることもあります。
気が多い女性にとってはメリットになるのかもしれませんが、彼氏にとっては心配でなりませんよね。
この場合、ケンカの原因にも繋がりやすくなるので、メリット・デメリットどちらも持ち合わせますね。

デメリット

付き合っていることを隠すことで、お互いにとってこんな悪い状況になることもあるでしょう。

恋愛相談ができない
ケンカをしたり、彼のことで悩んだときに誰にも相談ができず、1人で考え込んでしまうこともあるでしょう。
カップル間での問題は最終的には2人で解決しなければいけませんが、客観視できる第三者の意見も参考になることもありますね。
ちょっとした愚痴も吐けないのでストレスが溜まってしまうこともあるかもしれません。

疑いの目を向けられたり、ケンカになることがある
付き合っていることを隠していることで「何で隠す必要があるの?」「自分の存在は恥ずかしいのか?」「実は浮気してるんじゃないか?」など彼氏から疑いの目をかけられてケンカになってしまうこともあるでしょう。
どんな理由があるにせよ、隠す理由が分からないと彼にとっては気分がいいものではないかもしれませんね。

友人関係に亀裂ができることも
付き合っていることを友達にも言わないままいると友人関係がこじれてしまうこともあるかもしれません。
街で2人でいる所を偶然見かけることもあるでしょうし、いつか結婚することになった時に「実は付き合っていたんだ」と告白したとしても「なんで言ってくれなかったの?」「信用されてなかったの?」なんて言われてしまうこともあるかもしれません。
隠されていたことにショックを感じて友人関係に亀裂ができて修復できなくなる場合もあるかもしれないです。

紹介や告白された時の対応に困る
周囲があなたはフリーと認識していると紹介を受けたり、他の男性から告白されたりすることもあるでしょう。
「彼氏がいる」と一言いえば相手も諦めてくれるでしょうが、隠しているからこそ断る言い訳にできないのでなんて伝えていいか困ることもあるかもしれません。
「今は恋愛するタイミングじゃない」「自分から好きにならないと無理」と何とか断ったとしてもそう長くは断り文句としては厳しくなってくるかもしれませんね。

付き合っていることを隠すことでいい点もありますが、彼氏や友人との関係がこじれてしまうなんて悪い方向に繋がってしまうこともあるでしょう。

カミングアウトするタイミングを見失ってしまうこともありますし、完全に隠し通すのも難しくなるかもしれませんね。

もしあなたの彼女が付き合っていることを隠していることを知ったら、ショックを受けたり不安になるでしょう。

彼女に対してどう対応していいかお悩みの方は、このような対応をしてみてはいかがでしょうか?

理由を聞く

やはり1番は彼女に隠している理由をハッキリ聞きましょう。

隠しているのではなく、恥ずかしくて言えないタイプやどうしても言えない理由があるなどの場合もあります。

その理由を聞けば納得して不安な気持ちも解消することができるでしょう。

割と早い段階で理由を聞いていれば、彼女の性格や周りの人との関係性をしっかり理解してあげられるので1人で悩まずに正直に話しましょう。

素直な気持ちや考えを伝える

やはり隠されている側としては寂しい思いや不安な思いになりますよね。

彼女の理由を聞いた上で、自分が感じた素直な気持ちも伝えましょう。

「彼氏として恥ずかしい存在なのかなと悲しくなった」「誰か他にもいるのかなって心配になった」などの気持ちを伝えることで彼女自身もあなたの感じ方や捉え方を理解してくれるでしょう。

彼女の理由によっては周りに言いづらい状況が続くかもしれませんが、少しずつ付き合っていることを誰かに打ち明けるかもしれません。

彼女の気持ちを尊重してそのまま隠す

付き合っていることを公表することで、人間関係や仕事に影響を及ぼしてしまうなど大きな理由を持っているのであれば彼女の気持ちを尊重してそのまま隠すことを許してあげましょう。

時間が経てばその大きな問題も気にならなくなる日が来るかもしれませんし、気長に待ってあげるのもいいかもしれません。

「その代わり、自分には隠し事しないはっきり言ってね?」なんてフォローしてあげれば彼女が抱え込む問題を一緒に考えてあげやすくなりまし、関係性をしっかり確立させることもできるでしょう。

具体的な話はせず彼女・彼氏の存在がいることだけ公表する

彼氏がいないということが周りに認識されていると、誰かに告白されたりするのでは?なんて不安になりますよね。

そういった異性関係問題を防ぐ為に、相手が誰なのか具体的な話はせず彼氏がいるとだけ軽くいうだけくらいしてもらうのもいいかもしれません。

また、自分自身も「彼女いる」と公表することで女性が近づいてくることも予防できるでしょう。

恐らく周りから「誰誰?」なんて質問攻めされることはあるでしょうが、「会った事ない人だよ!またいつか会わせることができたら紹介するね!」なんてサラッとはぐらかせましょう。

家族や信用できる人だけに話す

付き合っていることを隠し通すことはいつか難しくなるでしょう。

例えば家族や信用できる友人だけには話しておくのもいいでしょう。

少人数だとしても2人の関係を知っているだけで、相談事もしやすくなりますし、隠されるという不安も解消されるでしょう。

口が軽い人や詮索しがちな人と分かっていれば話すのを控え、例えその人たちの耳に入ったとしても具体的な話をするのは避けたほうが良さそうですね。

納得ができなければ別れの選択も…

彼女が付き合っていることを隠す理由を聞いたとしても、モヤモヤが残る・納得いかないというのであれば別れの選択を考えてもいいかもしれません。

もしかしたら他に誰かいるかもしれない、隠されるほどの存在がショック過ぎるなどあなた自身が嫌な気持ちがずっと続くことはストレスでしかないでしょう。

彼女が頑なに隠したいというのであれば、交際を公にできる人を見つけて自分の幸せを考えることも大切でしょう。

まずは付き合っていることを隠す理由を聞かないことには始まりませんので、素直に聞き出してみましょう。

そこで「そういった理由があったのか」と納得することもできますし、「人がなんて言ったとしても一緒にいるから安心して?」と少し誰かに打ち明けることを促すこともできるでしょう。

彼女の気持ちと自分自身の気持ちをすり合わせて、今後どうしていくのが良い結果になるのかよく2人で話し合ってみて下さいね!

まとめ

多くの女性は彼氏ができれば誰かに言いたくなるのですが、どうしても言えない理由がある人は隠したいのです。

彼氏としては不安な気持ちや疑問が浮かぶのですがその理由や彼女の性格を深く知ると納得できることもあるでしょう。

彼女の気持ちを尊重してあげられるのか、納得がいかないのかは理由によるのでよく話し合ってみて解決に繋げてみて下さいね。

目次