MENU

私にだけ言い方がきつい男性の本音は一体?うまく対処するにはどうする?

「なんで私にだけきつい言い方をするんだろう…」と感じる男性が周りにいませんか?

嫌な気分になるばかりで悩んでいるかと思いますが、そんな男性の本音を深堀してみると分かることもあります。

本音や特徴を見てみると、言い方がきつい男性への対処法も見つかるはずです。

「私にだけなんで…」と1人で悩まずに是非参考にして、気持ちを落ち着かせてみて下さいね。

目次

私にだけ言い方がきつい男性の本音は?

いつも私にだけ言い方がきつい男性の本音や心理状況を解説します。

実はあなたが感じている想像とはちょっと違うこともあるかもしれません。

気に入らないところがある

あなたにだけきつい言い方をするのも、気に入らないところがあるのでしょう。

行動が遅い、言い訳ばかりする、ミスが多い、仕事ができないなど男性にとってイライラする部分が多いのかもしれません。

恐らくはじめからきつい言い方ではなかったかと思いますが、男性の限界が達した結果、あなたにだけきつい言い方に変わったのではないでしょうか?

仲がいいからこそ言いやすい

仲がいいからこそきつい言い方をする男性もいます。

何でも言える間柄からこそストレートに言うのです。

普段からコミュニケーションを取っているからこそ、八つ当たりされたりすることもあるので女性としてはイラっとすることもあるかもしれません。

ただ、しっかりフォローもあることもあるからこそ不仲になることも少ないのでしょう。

上下関係を示したい

上下関係に厳しい人やマウントを取りたがる人などは、自分が上の立場であることを示すためにきつい言い方をすることもあります。

過去の経験で上司に同じように厳しくされてきた人やなめられた態度を取られてプライドが許せなかったりすることもあるのかもしれません。

単純にあなたに言いやすいのかもしれませんし、間接的に他の人にも威厳を示しているのかもしれません。

期待しているからこそ厳しくする

あなたにきつい言い方をするにも、あなた自身に期待をして熱量が高い場合もあります。

あなたが有能であることを理解しているからこそ厳しくして成長して欲しいという思いが含まれていることがあります。

期待していなければ、そんな熱量で接することもありませんし、諦められているでしょう。

だからこそ今あなたに厳しくして、成長や成功することを願っているかもしれません。

実は嫉妬している

男性は仕事ができる女性や有能な人に対して嫉妬する人もいます。

悔しいからこそライバル心を抱いていることもあります。

その気持ちを隠すためでもあり、負けたくないという気持ちの表れなのでしょう。

闘争心がある人や数字や結果にこだわる人は該当するかもしれませんね。

周りの目を気にしている

自分は仕事ができる、クールな人など自分の評価を気にしている人もいます。

その見栄により特定の人物に対して厳しい姿勢を見せることもあるのかもしれません。

また、好意があったとしてもその気持ちがバレないようにしている場合もあるでしょう。

だからこそきつい言い方をして評価を得ようとしたり、特定の人物を贔屓しているように感じさせないようにしているのです。

特別視している

あなたにだけきつい言い方をするのも、特別な感情があるからかもしれません。

好意があってもその気持ちがあなたに勘づかれないようにしているかもしれません。

意識するばかりに強い態度を取ってごまかしているのかもしれません。

いわゆる好きな女性に意地悪する男性ですね。

会話するきっかけを探すために何かしらあなたのことを注視しているかもしれません。

なんで私にだけきつい言い方をするんだろうという疑問の裏にはこんな男性の本音が隠れていることがあるのです。

思ってもいなかった内容もあったかもしれませんが、男性にも繊細な部分や思いがふくまれていることもあるのです。

私にだけきつい言い方をする男性の特徴は?

言い方がきつくなる人の男性にはこんな特徴もあったりします。

あなたの周りの人もこんな方ではないでしょうか?

見栄っ張り

男性は見栄を張る所があるかと思いまが、より見栄っ張り度が強い方はきつい言い方をすることがあります。

実はコンプレックスを抱えている、注目されたい、優位な立場でいたいというような気持ちが強い人は弱い相手にだけきつい言い方をします。

普段の会話でも、知らないことがあっても「あぁ…あれね~」とあたかも知っているような振る舞いをしたり、自慢話が多い人は該当することが多いでしょう。

承認欲求が強い

自分は仕事ができる、すごい上司なんだと人から思われたいという人も該当するでしょう。

誰かを厳しく指導している姿を見てそれを避けたい人は「さすがですね」「思っていることを言ってもらえてよかったです」なんて言われるとその承認欲求が満たされてさらにそう思われたいと感じることもあります。

プライドが高く、学歴や年収のアピールをする人や人からいいように思われたいから奢り癖のある人などは人からの評価をとにかく上げたいのです。

固定概念が強い

固定概念が強い男性もきつい言い方をしがちです。

「○○はこうするしかない!」「当たり前だろ!」などの口癖が多いこともあります。

新しいアイデアや考えを受け入れられないタイプは、今まで自分がしてきたことや過去のことが正しいと考えがちです。

だからこそ新しい意見をする人に対してきつい言い方をし、その可能性を潰すことがあるでしょう。

実は自信がない

意外と自信がない男性も、特定の相手にきつい言い方をすることがあります。

その自信のなさを隠したいからこそ言いやすいタイプにきつく言うことがあるのです。

自分よりも立場が上の人や尊敬している人にはそんな態度は一切取りません。

いわば負け犬の遠吠えのようなことに近いでしょう。

理想が高い

理想が高い男性も少なくはありませんが、自分の中で理想の男性像や上司像が強い人は周りに強い態度を示したり、きつい言い方をすることがあります。

完璧主義な人やプライドが高い人、夢見がちで非現実的なことを言う人もいます。

自分の思い通りにならなかったりするときつい言い方をして物事を伝えることもあります。

表現能力が低い

きつい言い方をするのは、表現能力が低いこともあります。

言い回しがうまくできる人はきつい言い方をせず、具体的内容をその人が分かりやすく理解できるように伝えられます。

まだきつい言い方によって相手がどう感じるのかも察することができないこともあるでしょう。

きつい言い方をする男性の特徴を見ると、日頃から態度や言葉遣いなど当てはまることはありませんか?

納得できることもあるかもしれませんが、それでも自分にだけ言うのも理不尽じゃない?と思うこともありますよね。

好意があるの?嫌いなの?

私にだけきつい言い方になるのも、他に違う理由があるのか?と感じることもあるでしょう。

男性って好きな人に意地悪することもあるってよく聞きますが、実は好意があったりするのか?まさか本気で嫌いなのか?どちらかを判断するにはこんなこともあるかもしれません。

好意がある場合

きつい言い方をするのも、実はあなたに好意がある場合もあるかもしれません。

普段こんなことがないか振り返ってみて下さい。

視線を良く感じる
なんとなく視線を感じたり、目が合うことが多いなと感じることがあれば好意があるのかもしれません。
好きな人に対して視線を向けるのは自然なことでしょう。
なんとなく見られている感覚がある、何でよく目が合うのかと思うことがあれば男性はあなたに興味や好意があることもあるでしょう。

なんだかんだ気にかけられることが多い
きつい言い方をされるけど、なんだかんだ気にされているなと感じることはありませんか?
「今何してるの?」「なんかわからないことあるの?」と話しかけられることが多ければあなたのことが気になっているのかもしれません。
好意がなければある程度距離を取っていたり、気にかけることもないでしょう。

距離感が近い
気付けば何となく近くにいたり、話しかけられる際に距離感が近いのであれば好意を抱いている可能性もあるでしょう。
きつい言い方をするとしても、あなたのことが気になる、自分の存在をアピールしたいなどの思いから距離感が近くなっている

フォローアップがある
きつい言い方をされて落ち込むこともありますが、ちゃんとフォローアップしてくれることもないでしょうか?
なんだかんだミスをカバーしてくれたり、最後まで面倒を見てくれる優しさが垣間見えることもあれば好意があることも。
「さっきは言い過ぎてごめん」と謝ってくれたり、「わからないならいつでも言ってね」と頼りになる一言を添えてくれるでしょう。
もちろん、単に面倒見がいい場合もあるので好意があるとは言い切れませんが、特別優しさを感じることがあれば男性の隠れた思いがあるかもしれません。

プライベートな話をする
ミスをしたり仕事上では厳しい態度やきつい言い方をするとしても、休憩中や2人になった時などにプライベートな話を聞いてくる、自分の話をしてくるなどがあれば好意があるかもしれません。
特に恋愛の話をすることがあれば、あなたに彼氏がいるのか、どんな恋愛観を持っているのかなど興味を抱いていることもあるでしょう。

嫌っている場合

苦手意識や嫌いだと感じている場合はこんな態度をしていることもあるかもしれません。

冷ややかな視線
あなたを見る目が冷ややかだったり、明らかに嫌悪感のある表情があればイライラしていたり、嫌っている場合もあるでしょう。
好意があれば自然と優しさを感じさせるものなので、冷たい視線を感じる場合は残念ながらあなたに対して違う思いがあるのかもしれません。

明らかに他の人と態度が違う
他の人にはきつい言い方をしない、態度が優しいのであれば、あなたを嫌っている場合があります。
特別な感情があれば優しくしたり、丁寧に指導してくれるでしょう。
きつい言葉や態度が明らかに自分にだけと感じる場合は、男性の中で嫌悪感があるのでしょう。

人前や状況を気にせず注意する
人前やその場の状況を気にせず注意をする場合、あなたに恥ずかしさを与えたり、ストレスを与えているのでしょう。
嫌っているからこそそのような行動になるのかもしれません。
好意があればそのようなことをせず、2人の時に伝えたり本人の気持ちを察してくれるでしょう。

過去のことを記憶に残している
嫌いな人のしたことや発言を結構記憶にしていることもあります。
「前にも言ったよね?」「いつもこのミスしてるよね!」と過去のことを掘り返すタイプもいます。
ネチネチと過去のことも根に持っている場合は嫌っていることもあります。
嫌っていなければ、過去のことは洗い流し気持ちを切り替えているはずですから、このような発言があるのであれば嫌いだからこそ気になるのかもしれません。

本人に気づかれないよう陰口や嫌な顔をしている
直接的な態度を示さず、陰で文句を言ったり、本人には気付かれないように嫌な顔をしている場合もあります。
たまたまそのような状況に遭遇してしまったり、誰かから聞くこともあるでしょう。
ちょっとショックを受けるかもしれませんが、それが男性の本音なのです。

好意があるかないかは明らかに違いが出ることもあります。

きつい言い方をしても優しさがどこかしらにあったとしても必ずしも好意があるとは言い切れませんので期待し過ぎるのは禁物です。

きつい言い方をされたらどう反応・対処したらいいの?

私にだけいつもきつい言い方でうんざりするし、怖い思いだってする。

どんな態度や反応をしたらいいの?と悩んでいる方はこんな対処法を試してみてはどうでしょうか?

なるべく気にしないよう気持ちを切り替える

きつい言い方をするのも、何かしら自分にも原因があったかもしれないと自分のミスや行動を振り返り、その人が発した言葉は気にしないようにしましょう。

きつい言葉をかけられると傷つきますし、怖い思いもしますが、ちょっと感情的な場合は単純にその人の機嫌も上乗せされています。

言われたことはまた繰り返さなければいいですし、不要に言われた言葉をいつまでも気にするのは時間の無駄だと気持ちを切り替えましょう。

そういう人だと自己解決しておく

きつい言い方をする人は「そういう人なんだ」と自己解決しておけばいいでしょう。

「人を傷つける言い方しかできないんだ」「プライドが高いからなぁ」と思えば気が軽くなるかもしれません。

きつい言い方や態度をする人の性格や考え方が変わるのはそうそう簡単なことでもありません。

だからこそ本気で捉えずに、放っておくのがいいでしょう。

理由を聞いてみる

なぜ自分にだけきつい言い方ばかりなのか、納得がいかないという方も多いでしょう。

はっきりと理由を聞くことがその疑問解決になるでしょう。

勇気がいることかもしれませんが、1人で考えても結論は出ることはないので、直接聞くことで納得できるかもしれませんし、2人で話すことによってお互いを理解し合えるように関係性が良くなることもあるかもしれません。

関わることは最低限にする

きつい言い方をする相手といることでストレスも溜まり、嫌な思いばかりするのであれば関わることは最低限にして距離を保つこともいいでしょう。

仕事上で話すことが必要な場合、完全に接点を切ることは難しいでしょう。

2人で話すのがどうしても精神的にきついのであれば、誰かと一緒に話す空間を作ったり、間接的に誰かに伝えてもらう方法を取るのもいいかもしれません。

自ら関わりに行く

もしあなたが精神力が強ければ、自ら関わりに行ってみて下さい。

きつい言い方をする相手と会話したり接点を持つことで相手をより理解することもできますし、関係性が深まれば相手もきつい言い方をやめて態度を改めるかもしれません。

相手もまさか自ら近づいてくるだなんて想像もなく、驚いた態度を取るかもしれませんね!

ポジティブな言葉で返答してみる

きつい言い方をされたとしても「ありがとうございます!」「そんな風に言ってくれて勉強になりました!」とポジティブな言葉を相手に伝えるのも効果的です。

多くの人はきつい言い方をされたら反省した態度や悲しげな表情を浮かべるものですが、明るい表情でポジティブな言葉を返すことで相手にそれ以上の言葉を言いやすくさせる空間を止めることもできます。

また相手のことが理解できていれば、男性が言われて嬉しい言葉を含ませることで気分良くさせることもできるでしょう。

ストレス発散法を見つけておく

きつい言い方をされてこちらもイライラしたりストレスが溜まりますよね?

自分なりにストレス発散法を見つけておくのもいいでしょう。

友達に愚痴を履かせてもらったり、カラオケやバッティングセンターなどスカッとできる方法があればそのストレスを軽減させることもできるでしょう。

言われたことをいつまでも引きずってしまうと自分が苦しいだけなので、気持ちを切り替えて気持ちを少しでも楽にさせてあげることが大切です。

きつい言い方をされて気分が良くなる人なんていませんよね?

気分を変えるためにどうするか、何か1つでも対処法を見つけておけば楽になるでしょう。

また、相手のことを理解して相手が喜ぶことをすることで、きつい言い方を今後できないようにさせる雰囲気を作り出すこともできればあなた自身をまもることができますよ!

できそうなことからでいいので、是非始めてみて下さいね!

まとめ

私にだけきつい言い方をするのは何故?と思い悩んでいた方はこの記事によって少しは気が楽になれたでしょうか?

男性の本音や特徴を探ることで、違った見え方ができたかもしれません。

少しずつあなたの態度や返答の仕方によって、きつい言い方が減るかもしれません。

あまり関与したくないということも理解できますが、よく観察してみるのもいいかもしれません。

今の状況が解決されることを願っています。

目次