MENU

職場クラッシャー女14の特徴!最適な対処法を見つけて過ごしやすい環境を!

あなたの職場にはクラッシャーと思われる女性はいますか?

職場の空気や人間関係にトラブルをもたらしたり、気分を害されるなんてことはないですか?

今回は、職場にいるクラッシャー女の特徴や心理について深掘りしてみました。

特徴や心理を捉えた上で、どんな対処法をしたらいいのかこの記事からヒントが得られ、仕事がしやすい環境になって頂けることを願っています。

目次

クラッシャー女とは?

そもそも「クラッシャー」ってどういう人?と思う方も中にはいるでしょう。

英語のクラッシュから作られている造語で、簡単に言えば「ぶち壊す女」のことと考えればいいでしょう。

英語には以下の3つの「クラッシュ」があります。

Crash:飛行機などの墜落、車の衝突、ダメージが大きいこと、短期集中
「Wedding crashers」という結婚式荒らしの映画にも使われています。
大ヒット韓国ドラマ「愛の不時着」の英語タイトルは「Crash Landing on You」といいます。

Crush:押しつぶす、砕く、潰す、誰かに恋している、泊まる
crushed the canは潰された缶にもなりますが、I have a crush on ~で、誰かに恋をしていると意味合いが大きく異なる単語でもあります。

Clash:意見や行動、勢力が衝突する、口論する、人と人の意見がぶつかる・ケンカする
人間関係での問題としてこの意味合いが一番しっくりくる単語にはなりますね。

それぞれ意味合いが異なりますが、壊れることには変わりないです。

しかし、日本の造語である為、海外で「彼女はクラッシャーな人だね!」と言っても「ん?」となるかもしれないですね。

しかし、ビートルズのメンバーであったジョン・レノンと結婚し、音楽や平和活動などの活躍をされているオノ・ヨーコさんには、「クラッシャー」の代名詞がついているのです。

「ビートルズを解散させた女」として非難された。結婚前後の2人の活動は、奇妙な立ち居振る舞いと映り、数多くの非難と中傷がヨーコに対して浴びせられた。また、前述の事から、日本で言う「サークルクラッシャー」を意味する俗語表現である「Yoko」または「Yoko Ono」と言う彼女の名前が名詞・動詞として「男性バンドの結束を乱す女性」などとして流布するようになった。
Wikipediaより引用

どのクラッシュであったとしても、人の気持ちを踏みにじったり、場の空気を破壊することに違いないのでどの言葉がしっくりくるのかはその女性次第でしょう。
職場の女性だけにとどまらず、友人や男性にもこんな人が周りに一人くらいはいませんか?

職場にいるクラッシャー女の特徴

1日の中で長く過ごす職場に、クラッシャー女がいることでいろいろと面倒なことになりますよね?

特徴は様々ですが、こんな人が当てはまるでしょう。

傲慢で自己主張が強い

職場の中で自己主張が強く傲慢さがある人は、人間関係や職場の空気を壊すことがあるでしょう。

自分の意見が通らないと気が済まず、相手の意見を踏み倒したり、自分の考えが正しいと主張することがあります。

実際にその考えが正しいこともありますが、時にその考えがトラブルに繋がることもあります。

わがままさや自己中な発言や行動を繰り返すため、周りに迷惑となっていることも多くあるのです。

協調性がない・チームワークを乱す

職場は様々な人が集まり、企業の成長などに向けて一丸となるものですが、協調性がなくチームワークを乱す人はクラッシャーですね。

周りや上司などに相談せず自己判断で勝手に行動することや、単独行動をすることで周りと共有しないとなると、社内だけでなく取引先へも悪い影響を与えることもあります。

また、協調性がないことで職場内のコミュニケーションにも偏りがでることもあり、意思疎通ができにくくなります。

承認欲求が強い

承認欲求の強さも、職場の中では面倒に感じることもあるでしょう。

自分の努力や成功などを認められたいことで周りにそういった自分の姿を見せつけたり、アピールしてきます。

周りに褒められたい、ちやほやされたい、輪の中心にいたいなど承認欲求が強すぎるがあまり、周りはおだてたり、褒めなければ機嫌を損なうことに迷惑していることも気が付いていないこともあるでしょう。

人に厳しく、否定的

自分に甘く、人には厳しい人っていますよね?

クラッシャーの一つとして、人に厳しく否定的な意見を言うことで、相手の意欲を下げたり、傷つけることがあります。

職場において時に厳しい意見を告げなければいけないことはありますが、具体的な理由やその後のフォローも必要となるでしょう。

しかし、クラッシャーはただ相手のことを否定したり、自分の機嫌で言葉を発することもあります。

その割には自分のミスなどは笑ってごまかしたり、人のせいにしたりと自分には甘い様子に周りも不信感を感じることがあるでしょう。

黙っている

自己主張の強い人もいれば、逆に何も発言をせずに黙っている人もいますよね?

何も言わないことによって考えや気持ちが読み取れない、自分発信をしないことに対して仕事への意欲や責任感が感じられないということもあるでしょう。

ただ周りに合わせているだけなのか、本音が何か隠れているのかわからないので、どうか関わっていいかわからないと感じることもあり、職場の空気感が何とも言えない状況になることもあるでしょう。

フレネミーな人

Friend(友達)+Enemy(敵)=Frenemy(フレミー)という造語があるのはご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、友達のフリをしている敵もクラッシャーの一人となります。

一見友達のように振る舞っていても、実は裏の顔があり悪口や噂話を立てたり、裏切り行為を目論んでいるなんてこともあるのです。

特に女性は表面上でうまく人間関係を繕うことができるので、裏の顔を知らずして過ごしているのは怖いものですね。

メンヘラ気質

メンヘラ気質な人が職場にいることもちょっと面倒なことがあるでしょう。

気分の浮き沈みが激しく、ちょっとしたことで被害妄想にふけったと思ったら、機嫌が良くなったりと精神状態が落ちつかず、周りを困惑させることがあるでしょう。

基本的にはネガティブな思想を持ち、ミスをしたり注意を受け落ち込み過ぎることで、仕事が手につかなくなったり、急に休んだりと仕事に大きな穴を開けるようなこともあります。

高圧的な人

高圧的な言葉や態度を示す、いわゆるハラスメント要素を感じる人は職場の環境を悪くしますよね。

女性となればお局と言われる人もいるでしょうし、プライドが高い人・マウント気質な人もいるでしょう。

相手を見下して、強い言葉や態度で支配や精神コントロールしようとすることがあります。

そんな人と一緒に働くことに対して恐怖心やストレスなどを抱え込んでしまうという人もいるのです。

悪口・噂話・嫌がらせをする

悪口や噂話を立てて、対象となる人が働きにくくさせるようなクラッシャー女もいます。

陰湿な人はそれだけでは気が収まらず、嫌がらせを相手にすることもあるのです。

いわば、いじめっ子タイプでターゲットをとことんおいつめたり、職場の人間関係を崩すこともあります。

相手が褒められたり、成績が良い、ちょっと気に障ることがあったなど、きっかけはささいなことだったりするのですが、本人はとことん相手を追い詰めないと気が済まないのでしょう。

競争心が強い

負けず嫌いで競争心が強い人も、職場に一人くらい入るでしょう。

人だけの問題だけでなく、成績重視の会社方針である環境も人間関係に影響を及ぼすこともあるでしょう。

ライバルがいることは悪いことではありませんが、あまりにも敵対心が強すぎるとどんな手を使ってでも自分が一番になろうとします。

その中で、相手の努力を潰そうとしたり、あたかも自分がやり遂げたような卑怯な手を使うこともあるのです。

遅刻・欠勤

遅刻や欠勤が多すぎる人は職場の空気や信頼を壊すことにもなりますよね?

人間誰でもミスを起こすことはあっても、同じことを繰り返すと人間性を疑われることがあるでしょう。

遅刻や欠勤をして言い訳ばかりする人、悪びれた様子がない人など様々ですが、「社会人としてどうなの?」「他にも仕事があるのに、代わりに対応しなければいけなくなった」と呆れられ、何も任せたくないと感じるようになるのです。

無責任

仕事に対して責任感がない人も職場の空気を壊します。

みんなそれぞれ自分が受け持った仕事を責任もってやり遂げたり、誰かと協力しあうこともあります。

「誰かがやってくれるからいいや」「適当にやっておけばいいでしょ」と責任感がない仕事をすることで、大きなミスを起こして業績に悪影響を与えたり、取引先とのトラブルや信頼関係を崩すことにも繋がります。

学生気分が抜けないのか、仕事に対して意識が低いのか、そのうちやめればいいと思っているのか、無責任な行動を起こすには何か理由を持っているでしょう。

女を武器にしている

女を武器にしている人も職場にいたりするものです。

上司に気に入られようと媚を売ったり、会社や取引先にコネがあることもあるでしょう。

女性が持つ美しさや周りが手出し口出しできない相手との繋がりがあることを武器に、誰かに仕事を押し付けたり、ミスを許してもらおうなんて考えが働くことがあります。

責任感がないことや仕事ができないことが炙り出されて、周りに大きな迷惑を掛けているのです。

嫉妬深い

女性は感情的な生き物であることもあり、嫉妬深い人は職場において悪い影響を及ぼすことがあるでしょう。

誰かが評価されていたり、仕事ができることに対して嫉妬し、嫌な態度や言葉を浴びせることもあります。

これまで紹介してきた特徴の中にも、嫉妬心が強いからこその行動になることでしょう。

職場にいるクラッシャー女と言われる特徴は、様々なタイプがいますがやはり身近にいると面倒くさいことが起こったり、職場の環境を悪化させます。
男性に突っかかったりするタイプもいますが、女性同士での問題はさらにややこしくなることもあり、仕事がしづらくなると感じる人もいるでしょう。

職場にいるクラッシャー女の心理

職場にいるクラッシャー女の特徴を挙げてみると、どうしてそんなことをするのか?本心は一体何?と思う人もいるでしょう。

何もかも破壊しようとするクラッシャー女の本音を覗いてみましょう。

負けたくない

仕事はどうしても数字や結果が求められることがあり、明確にその評価が現れるため負けたくないという気持ちが強いのでしょう。

何としてでも勝ちたい、認められたいという勝気な女性はその気持ちが大きく動きます。

クラッシャーは、自分が認められればそれでいいと思うからこそ人の努力や結果も壊してしまおうとするのでしょう。

自分が正しいと思っている

クラッシャーな人は、協調性がなく自分の意見が正しいと考えていることがあります。

相手に対して尊重する気持ちがないからこそ、関係性も職場の空気感も打ち砕くのです。

プライドが高いことや自己評価が極端に高い人は、相手の意見を受け入れたりすることができず、自分の思い通りにさせようとするのです。

評価されたい

上司から褒められたい、会社の中でも自分のポジションを確立させたいと評価を求めるがあまり、単独行動に突っ走ったり、いいことは自分の努力で悪いことは人のせいにする卑劣な手段を取ることもあります。

評価が高ければ、会社内での肩書、給与にも関わってくることもあり、傲慢で貪欲に食らいつこうとするのです。

自分さえいい環境になれば、周りの人を踏み台にすることなんてなんてことないのでしょう。

特定の相手に敵意がある

クラッシャーと言っても社内全ての人に対して発言や行動を取るわけではなく、特定の相手にだけに敵意を感じていることがあります。

例えば近しい人であれば同期であったり、同じ女性社員などに対して特別な感情を抱いていることがあります。

近い存在だからこそ負けたくないと感じたり、自分も頑張っているのになんとなく仕事をしていて評価されている人に対して不満を抱いていることもあります。

自慢げな態度、気に障る一言を言われたなどきっかけはほんの些細なことだったりするのです。

クラッシャーはどこに地雷が埋め込まれているのかわからないこともあり、踏んでしまったらあの手この手で破壊しようと働くのです。

嫉妬している

クラッシャーの特徴でも挙げましたが、嫉妬心が職場の空気を壊したり、人間関係を悪くさせることが大きな要因になるでしょう。

女性は特に女性に対して嫉妬心を向ける傾向があり、仕事ができる人、綺麗な人、プライベートも順調な人など自分よりもいい環境にいる人に対して羨んだり妬むことがあります。

嫉妬心をストレートに表す人もいれば、水面下でその嫉妬心を燃やし陰湿な手段を図る人もいます。

女の嫉妬程怖いものはないかもしれないですね。

悪いと思っていない

職場の人間関係や空気感を壊していたも、何も悪いと思っていない人もいます。

「結果を残してるんだからいいでしょ?」「はっきり言っただけなのに何が悪いの?」「失敗くらい誰だってあるでしょ!」なんて自己評価高いからこそ、自分が悪いなんて思わないのでしょう。

悪びれる様子や周りのことまで考えない自己中さがあるからこそ、クラッシャーと言われるのでしょう。

何も言わない方がいいと思っている

自己主張をせず、寡黙なタイプは何も言わない方がいいと思っていることもあります。

「口は災いの元」と捉えている人は、職場で何も発しなければ自分に被害が向かわなければいい、責任を負わせられなければいい思っている人もいます。

また、仕事に対して無責任さがあることで仕事に情熱を注ぐ必要もないとドライな感情を持っていることもあります。

何も言わないことで自分を守ったり、責任逃れをしていることもあります。

ストレス

単に職場に対してストレスを抱えている場合もあります。

そのストレスが積み重なり、キツイ言葉や態度として出てしまっていることもあります。

職場の人に対してであったり、仕事量、労働時間、環境など様々な要因があり、ストレスの根元となる職場でその思い葉爆発してしまうことがあるのでしょう。

職場にいるクラッシャー女の心理も様々ですが、自己中心的な考えや心理が働いていることが目立つでしょう。
自分のことしか考えていないからこそ、人間関係や職場の空気感を壊しているのです。
周りに大きな影響を与えていることを感じていない人もいれば、わかってあえて行動している人もいるのも事実です。

職場にいるクラッシャー女への対応

職場にいるクラッシャー女の特徴や心理を理解したとしても、実際に自分に矛先が向いたり、周りや職場の環境に影響を与えているとなれば、どう対処していいのか、改善策はないのかと感じている人もいるでしょう。

クラッシャータイプは基本的に自分のことばかりなので、改善を求めることは難しいこともあります。

しかし、関わり方に少し変化をすることによって、何がいい方向に向かうこともあるので参考にしてみて下さい。

頼り過ぎない・任せすぎない

クラッシャーな人は無責任さがあることやいつ手の平を返すかわからないので、仕事を頼んだり、大きなことを任せすぎない方が良いこともあります。

いつ途中で投げ出すかもわからないですし、「こんな仕事量押し付けられたんです!」だなんて被害者ぶったり、周りに悪口を言うこともあるかもしれません。

会社の業績に関わることや難しいことを任されないことによって、成績を残すこともできず評価されることもなくなり、居づらい環境があれば少しは自分の行動や考えを改めることになるかもしれません。

冷静に対処する

感情的な人や横柄な態度を取られたとしても、冷静に対処するのもクラッシャーには有効でしょう。

何を言われても、されても動じない態度でいることによって、相手の思惑通りにならなければいいのです。

冷静に大人な返答、行動をすることによって、あなたには敵わないとしっぽを巻いて逃げていくかもしれません。

仕事において冷静な判断や対応ができることによって、クラッシャーだけでなく大きな仕事を任されても強い精神力でやり遂げることもでき、自分にとって大きな成長となり評価を得られることにも繋がります。

子供じみたクラッシャーを相手するよりも、自分の将来に焦点を当てて職務に向かっている方がよっぽど有意義な時間でしょう。

個人的な話はしない

嫉妬心が強い人や悪口や噂話を立てるような人には、個人的な話はあまりしないことをおすすめします。

仕事やプライベートでいいことがあっても、あまり具体的に話すことで嫉妬心を向けられることが大いにあります。

クラッシャー女にとってはただの自慢話でしかなくなるので、軽い表面的な話だけに留めることや、仕事の内容だけの話しかしない関係性をキープしておくことで、色々詮索されることや弱みを握られて周りに言いふらされることもなくなるので自分を守る方法として個人的な話はしないと念頭に置いておくといいでしょう。

他に頼れる人と関わりを持つようにする

職場には他に頼れる人が一人くらいはいませんか?

もし、業務でわからないことがあったり、相談する相手として頼れる人とコミュニケーションをしっかり持ち、関係性を深めておくといいでしょう。

もしクラッシャー女に何かされたり言われても、味方となってくれ大きな存在となるでしょう。

この人なら相談できそう、味方になってくれるという人は、日頃から職場の人に対してどう接しているか、仕事に対してどんな意識があるかを見ていれば、違いがあるのできっと見つけやすいことでしょう。

いきなり話しかけるのは緊張すると思っても、業務内の質問など少しずつ距離を縮めていけば大丈夫ですよ!

褒め過ぎない

承認欲求が強い人やプライドが高いクラッシャータイプに対して、動じる必要はありません。

褒めたり、ちやほやすることによって、より傲慢さが増したり、かまってレベルがパワーアップするかもしれません。

自慢話が始まったり、マウント攻撃を受けたとしても「すごいね!あ、この資料なんだけど・・」と特に関心を強く持たず、仕事の話にサッと切り替えましょう。

あなたがあまり関心を示さなければ、毎日繰り返される自慢話やマウントから解放されストレスが減ることにも繋がるかもしれません。

承認欲求が強い人は、褒めてくれる人から自分の心地良さを求めるので、何もしてくれない人に言っても無駄だと自然と離れてくれることもあるでしょう。

上司に相談する

陰湿なクラッシャー女は、上司に知られないように行動を働くことがあります。

何か悩むことや困ったことがあれば、上司に相談してみるのもいいでしょう。

上司の目が張られることで、上司が指示をしたり注意を受けることになるでしょう。

職場の環境を管理するのも上司の役目でもあるので、頼りになる存在になるでしょう。

日頃からコミュニケーションを取り、相談しやすい関係性を作っておくことも大切です。

関わらない

クラッシャー女とは基本的に関わらないことも大切です。

仕事の相談などは他の人にし、関わる時間を少しでも減らすといいでしょう。

しかしそうは言ってもどうしても業務内で関わらなければいけないこともあるので、完全に断ち切ることはむずかしいかもしれませんが、あくまで職場の人の一人として捉え、業務に集中していればいいのです。

ランチを一緒にすることや業務後に飲みに行ったりすることも基本的にはしない方がいいでしょう。

自分が働きたい会社、やりたいことがあるからこそ、クラッシャー女の為に気を遣い過ぎたり、悩む必要はないでしょう。

コネ・上司との男女関係がある場合は要注意

クラッシャー女で厄介な存在なのが、コネや上司との男女関係がある人です。

それを武器にしている人もいるので、手足が出せない状況になることもあるでしょう。

そういった人には特に注意しましょう。

恐らく他の人も認識していることもあるので、他の人とコミュニケーションを深めて強いチームワークや絆を作ることが良いですね。

転職・異動願を出す

あまりにも陰湿であったり、ストレスが大きく加わり過ぎて、体調や精神面にも影響が出てくるのであれば、転職や部署異動願などの決断をすることも必要かもしれません。

完全に空間が変わればクラッシャー女と関わりをシャットダウンすることができます。

もちろん、環境が変わることに対して不安やリスクも伴うこともありますので、決断は慎重にして下さいね。

職場にクラッシャー女がいても、動じずに自分の信念を持って仕事に向かうことや他の人と関わりを深くしておくことはとても大切です。
一人で悩まずに誰かに相談すれば、力になってくれる人は必ずいるはずです。
一日の中で過ごすことが多い場所だからこそ、あなたが働きやすい環境やストレスを感じにくい人と過ごして、仕事のやりがいや評価、給与を高めていけばいいのです。

まとめ

職場にいるクラッシャー女は、人間関係、職場の環境を壊そうと様々な手を使ってくることがあり怖いものですよね?

特に女性だからこそ複雑な心理が働くからこそ、面倒なトラブルも多々あるでしょう。

それでも、その人の為にあなたが犠牲になり過ぎることはしなくてもいいのです。

子供っぽくわがままで成長しない人のことで悩む時間よりも、あなたが将来どうなりたいのか、今の職場でどうしていきたいのか自分の人生に関わる大きな場所となるのでこの記事を見て、色々と考えて頂ければ幸いです。

目次